中綴じ印刷で小冊子を制作~サクッとサクセイ!~

印刷

中に綴じる

広報誌や印刷物などには中綴じ印刷が多いことで知られており、無線綴じ印刷よりもコストを抑えることができるので便利です。印刷時にはページ数に制限を設けている業者もあります。

Read More

こだわりを出す

中綴じ印刷は紙の厚さを帰ることでメリハリが付けれます。また、コート紙やマット紙など、質感を選ぶこともできますし、特殊な形に仕上げることも可能です。その際には、印刷会社と相談が必要です。

Read More

校正をするかどうか

広告

高級感のある中綴じ印刷をしたいのでしたら、色校正を行なうこともできます。また、色校正などが必要ないのでしたら、手軽にネットで依頼をすることもできます。料金がとても安いので便利です。

Read More

冊子を作るために

納期が早い中綴じ印刷会社をお探しならコチラをご覧ください。仕上がりも満足できるのでおすすめですよ!

ハガキ印刷どこよりも早くお届けいたします!価格にも自信を持っているためリピート率高いんです。気になった方は迷わずアクセスしよう

自分たちで制作してみてはいかがでしょうか。

広告

大学などのサークル活動や、地域で活動しているボランティア団体などに所属している方は、カタログや簡単な冊子を制作する機会も多いでしょう。 制作は広告代理店などにまかせている場合も多いかと思います。 広告代理店に任せておけばプロが制作してくれるので安心ですが、やはりそれ相応の料金はかかってしまいます。 そこでおすすめしたいのが、10ページ程度の冊子やカタログは自分たちで作ってしまう方法です。 難しいと思われるかもしれませんが、最近ではパソコンで簡単なデザインなどは楽に作成できるようになり、思ったほど難しくはありません。 さらに、中綴じ印刷で作成すれば料金も抑えることができます。 もちろんすべて手書きでも問題ありません。 自分たちで作ることに興味があっても、実際に冊子を制作し印刷会社に持ち込むことにためらいを感じる方も多いでしょう。 その様な方に向けて簡単に印刷会社に依頼する方法を説明します。

自分たちで制作するのは、それほど難しくありません。わからない場合は印刷会社の人に相談しましょう。

自分たちで冊子やカタログを制作する場合、どのような方法で製本するのかを決める必要があります。 冊子やカタログなどの製作には中綴じ印刷が最適です。 中綴じ印刷は比較的少ないページ数の製作物に良く使われる方法です。 ページの真ん中をホッチキスで止めるだけの簡易な製作方法なのでコストもかかりません。 もし製本方法に、こだわりがないというのであれば中綴じ印刷で制作することをおすすめします。 あとは、紙の種類を決め、文字や色など細部の相談を印刷会社の人とするだけです。 難しくわからないことなどは、印刷会社の人に聞くと丁寧に説明してくれるので、自分たちで冊子を作成することも簡単にできます。 もしサークルやボランティア活動などで冊子やカタログを制作する場合は自分たちで制作してみてはいかがでしょうか。 思っているよりも簡単に制作できます。

ビジネスの場面で活躍してくれる名刺の印刷は専門の業者に任せるのが良いですよ!注文してから短期間で仕上がるのも魅力的です。